Aコース
STEP1 基本回路
STEP2 基本回路
STEP3 AND回路
STEP4 OR回路
STEP5 モータ駆動回路
STEP6 モータ駆動回路
STEP7 電磁リレー基本回路
STEP8 自己保持回路
STEP9 自己保持回路2
STEP10 リミットスイッチ回路
2の1

私の電気初体験

小学校の工作で電磁石で動くベルをつくりました。

自宅でもやってみたいけれど電池がなくなっていました。そこでコンセントにエナメル線を差し込んでみました。そうすると、ブレーカーがパンと音を立てて家じゅうの電気が止まってしまいました。電気には交流と直流があると知ったのはずっと後になってからです。中学校で電流・電圧・電力やオームの法則を習いました。しかし、電流と電圧がどう違うかもわからないまま、疑問は残ったままでした。先生もよく理解されていないようでした。今、オームの法則は電気の基本のように思われていますが、電圧と電流、電力の概念もつかんでいない子供たちにオームの法則を教えるのは、意味がないと思います。

呉高専の機械工学科でも電気は学びました

機械工学科の学生も直流回路や交流回路さらに電磁理論なども学びました。しかし、工学実験は面白かったのですが、電気の面白さとか有用性について感じることは残念ながら、できませんでした。

東芝の医用機器事業に配属され自動化推進を担当することになりました。そのときにリレーを使ったシーケンス制御を学びました。

あるレントゲン装置の試験装置をつくることを命じられました。その装置はリレーが100個くらい使われ複雑な制御を行っていました。この回路を独学で解析したり、わからない部分は設計者に尋ねながら自動試験機を開発しました。この時に一見複雑に見える装置もいくつかの要素に分解しながら理解することの大切さを学びました。

国内でも、海外にも輸出されています。これほどのロングセラー製品になるとは予想もしていませんでした。

国内でも、海外にも輸出されています。これほどのロングセラー製品になるとは予想もしていませんでした。電圧や電流などの電気に関してのことには言及していませんでした。まず、電気制御は面白いということを感じてほしかったからです。

今回の改定で

トピックで電気理論や電気機器の定格の読み方についても説明します。さらにテストも追加しています。国内はもとより全世界の技術に利用してもらいたいと考えています。